~おかめズブログ〜20代カップルトレーニーの記録

結婚式を控えて筋トレ・ダイエットにハマった20代カップルのボディメイクがメインのブログ。他にはオススメの映画とかサービスの紹介も少々。✨

ダイエッター必見!リバウンドの原因と防ぐために意識するべきこと

リバウンドの原因と防ぐために意識するべきこと

こんにちは!おかめです。

 

お前ら何者だよ。。って方は自己紹介になりますのでまずこちらの記事からご覧ください。🙇‍♀️ 

okmbrog.hatenablog.com

 

ダイエットの天敵といえばリバウンドですね。

とは言うもののリバウンドは避けようと思ってもなかなか避けられるものではありません。

 

ダイエットを頑張って体重が減ったかと思えば、しばらくすると元どおり。それどころか元々よりも体重が増えてしまったり。。

 

せっかく頑張ったのに体重が思うように減っていかないと、モチベーションが下がってダイエットを辞める要因にもなりかねません。

 

今回はリバウンドの原因を4つとリバウンドを防ぐために意識するべき3つのことをご紹介していきます。

 

これからダイエットを始めようとしている人や、ダイエットをしているけどリバウンドをしてしまって悩んでいるというような人には参考になると思いますので是非読んでみてくださいね。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

 

リバウンドの原因4つ

急激に痩せすぎ(1ヶ月に体重の5%以上の減量)

急激に痩せすぎ(1ヶ月に体重の5%以上の減量)るとリバウンドを引き起こしやすいです。

 

ホメオスタシス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは人間が本能的に備えている、恒常性機能のようなもので急激に変わると元に戻ろうとするというものです。

 

つまり急激に減量すると体が飢餓状態だと感じてしまって極力今ある脂肪を溜め込もうとするというものです。 

私たちの体は、ダイエット中だから食べるのをやめているのか、飢餓状態なのか判断することができないため急激に痩せすぎてしまうと元に戻りやすくなります。

 

最高でも1ヶ月に5%程度の減量にしておくのが無難です。

 

あまりに落とし過ぎてしまうとその分元に戻ることも早くなってしまいますので注意が必要です。。

 

過度な食事制限

とにかく痩せようと思った時にまずやりがちなのが食事制限で栄養バランスを考えずにカロリーを抑えることだけを目的にすると脂肪は勿論落ちていきますが、それ以上に筋肉も減っていきます。

 

ちなみに脂肪よりも筋肉の方が重たいため、過酷な食事制限をしている人は最初こそ体重をスルスルと落としていくことができます。

 

ただ、筋肉が落ちるということは代謝を下げることに繋がりますから長期的にはリバウンドを引き起こしやすくなるのです。

 

PFCバランスを意識しながら無理な食事制限をせずに食事を行うようにしましょう。 

 

PFCバランスの計算の仕方は以下の記事にまとめておりますからもし興味のある方は是非読んでみて下さい。

okmbrog.hatenablog.com

 

運動をしない

運動をしないダイエット方法は、筋肉量が増えません。

体重を減らすには摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やすかのどちらかです。

 

もし運動をしない場合は摂取カロリーを減らす形のダイエットになりますからほとんどの場合、減量前より筋肉が減ってしまいます。

 

その結果、基礎代謝が下がってしまうので、食事制限をやめた瞬間感からまた体重が増え始めてしまいます。

 

リバウンドして、戻ってくるのは脂肪のみです。

筋トレをしないと筋肉量は増えませんからせっかく頑張って食事制限をして痩せたとしても筋肉が減少することにより、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。

 

とにかく筋肉・筋肉をつけましょう。

 

短期間でのダイエット

短期的にダイエットをする場合は多くの人が過度な食事制限で、即痩せを目指します。 

その結果目標の体重になったので、元の食事生活に戻すとあっという間に以前の体重に。。

 

それどころか筋肉が落ちて代謝が悪くなった結果以前よりも体重が増えてしまうことも。筋肉量も減っているため基礎代謝も下がり、過度な食事制限で飢餓状態の体はスポンジのように食べ物を吸収し脂肪に変えてしまいます。 

短期間でダイエットをすることにより、リバウンドしやすい体を作っているのです。

 

ダイエットは短期的にやるのではなく長期的にスルスルとゆっくり落としていくことを意識しましょう。

 

リバウンドを防ぐために意識するべき3つのこと

時間をかけてダイエットする

ホメオスタシスは体重が1ヶ月で5%以上減ると起こりやすくなります。70kg人なら3.5kgです。60kgの人なら3kgです。

 

1ヶ月で落とすのはそれくらいにしておいて、それ以上は落とさないように気をつけましょう。

どうしても早く結果を出したいと焦りがちですが、無理なく体を引き締めるには月に1~2kg位のペースでゆっくり体重を落とすのが理想的です。

1年続ければ12~24kgほどの体重の減量が期待できますよ。

 

ちなみに私も現在これくらいのペースで減量に挑戦中です。✨


1kgの脂肪を減らすためには、7,200kcalを消費することが必要です。

摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やして調整しましょう。

 

オススメなのは毎日自分が食べたものや運動による消費カロリーを目安でもいいので押さえておくことです。

 

私は「あすけん」というサービスを利用してますが、非常に使いやすくしかも無料なので是非使ってみてください。

 

勿論食べ過ぎもよくないですが、食べなすぎもよくないので記録して大きく増減があった時には調整するようにするといいですよ。


運動して筋肉をしっかりつける

食事制限に比べると、運動でダイエット痩せるのは大変です。

運動して痩せるよりも食べない方が楽だし簡単です。


それでも運動には血行を促進したり、心肺機能を高めたり、筋肉を維持したりする効果があるため、食事制限だけで痩せるよりも健康的です。

 

筋肉がついていれば基礎代謝が上がり、ダイエットが終わった後も太りにくくなりますよ!

 

特に大きな筋肉(足の筋肉や背中の筋肉)を鍛えることで筋肉は増えやすいですから、メインで鍛えていくことがオススメです。

 

ちなみに私は時間があったらスクワットをして足腰を鍛えるようにしていますよ。

 

多少のリバウンドは気にしない

最後は精神論です。笑

ダイエットは多少のリバウンドを繰り返しながら痩せていきます。

ですからもし体重がリバウンドしてしまったとしても気にしないで積み上げて続けていきましょう。

 

ちなみに私もめでたくリバウンドをしてしまいましたが、、笑

めげずに続けていますので安心してください。

 

okmbrog.hatenablog.com

 

まとめ

今回はリバウンドの原因とリバウンドを抑えるために意識するべきことをお伝えしました。

リバウンドはダイエットをしていれば誰にでも起こりうるものです。

めげずに一喜一憂せずに取り組んでいきましょう。

 

私もまだまだ挑戦の途中ではありますが、諦めずに頑張ります。 

 

 私たちは20代のカップルで結婚式を控えて、元々筋トレにハマりかけていた彼氏に勧められて絶賛トレーニング・ボディメイク中毒となってしまったカップルです。そんな我々の自己紹介や当ブログのコンテンツの紹介をしているページがあるのでまずは以下のリンクから飛んでみてください。

okmbrog.hatenablog.com

 

 

 

 

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!

PVアクセスランキング にほんブログ村