~おかめズブログ〜20代カップルトレーニーによるダイエット・ボディメイク・筋トレお役立ち情報

結婚式を控えてボディメイクにハマり1年で15kg痩せた♀と体重を維持したまま体脂肪率を7%下げてマッチョになった♂20代カップル。筋トレ・ダイエット・美容に関するお役立ち情報を発信します。

食事回数を増やして痩せる?1日6食ダイエットをご紹介

食事回数を増やして痩せる?1日6食ダイエットをご紹介



こんにちは!おかめです。

 

お前ら何者だよ。。って方は自己紹介になりますのでまずこちらの記事からご覧ください。🙇‍♀️ 

okmbrog.hatenablog.com

 

ダイエットを約1年間してきましたが、これだけは絶対に言えます。

ダイエットで一番大切なのは食事です。

 

結局いくら運動を頑張ろうが、消費カロリー以上に摂取していたら絶対に痩せません。

ただそのカロリーコントロールが難しい。

 

1日1食ダイエットだったりプチ断食だったり置き換えダイエットだったりダイエットの手法は様々。

 

そんな中で今回は「1日6食ダイエット」というものをご紹介していきます。

「1日6食」と聞いて「え、食べ過ぎじゃない?逆に太るでしょ?」と思った方は普通です。確かにいかがわしいですよね。笑

 

ただ、嘘のような本当の話で非常に理に叶ったダイエット方法なのです。食事で悩んでいる人や伸び悩みを感じている人は是非読み進めてみてくださいね。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

 

 

「1日6食」ダイエットって?

1日6食ダイエットはその名の通りダイエット時の食事の摂り方で通常1日3食とされているものの、それを6回に増やすと言うものです。

 

「食べる回数を増やすと、カロリーオーバーになっちゃうんじゃない?」と思う人も多気がしますが、(私もそうでした。。笑)小刻みに食べることで食欲を抑制する、ドカ食いを防ぐ、空腹によるストレスを予防するなど、効率よくダイエットを進めていく上で非常に効果的なんですね。

 

勿論大前提として1日の摂取すべきカロリーは守る必要はありますよ。

ポイントは「全体の食事量を変えず細かく分割して食べる」ことなのでそれは強く意識しておくようにしてください!

 

続いて1日6食ダイエットで期待できる効果をご紹介します。

 

1日6食ダイエットの効果3つ 

体脂肪蓄積の抑制

空腹の状態で食事を一気に摂取すると、血糖値が急上昇します。そして血糖値が急上昇するとインスリンの分泌が多くなり、体脂肪が蓄積しやすくなります。

食事の回数を増やして食事の間隔を狭くすることで空腹の状態を防ぎ、血糖値の急上昇を防ぐとともに体脂肪の蓄積を抑えることができます。

 

筋量の維持

摂取カロリーを少なくすると、体脂肪の減少は進みますが同時に、筋肉量の減少も進みます。

筋肉量が減少すると代謝が悪くなり、太りやすいカラダになってしまいます。

そのため、ダイエット中は摂取カロリーを抑えながらもできるだけ筋量を落とさないことが重要です。

 

別の記事でもご紹介していますが、体内のエネルギーが枯渇すると、身体は脂肪より先に筋肉を分解してエネルギーを生み出します。

食事を分割して摂取することでエネルギー切れによる筋肉の分解を防ぐとともに、体内で筋肉のもととなるたんぱく質をこまめに摂取することが可能となります。ですので筋量を維持しながらダイエットしていくためには食事回数を増やすことは効果的なんですね。

 

どか食いを防げる

ダイエットをして食事の摂取量を減らすとよくあるリバウンドのパターンとしてあるのがどか食いです。

 

どか食いは一番マズくて、血糖値が急激に上がってしまうこともあり健康的にもよくないです。

 

分割して摂取することで、精神的にもストレスなく続けることができるのでどか食いを防げるのは非常に大きな効果です。

 

1日6食ダイエットのやり方

どうやって1日6食ダイエットをやっていくの?と言うのは気になるところだと思うのでご紹介します。

 

流れは以下の3ステップです。

基礎代謝を計算する

PFCバランスを抑える

各タイミング毎の大まかな摂取カロリー・メニューを決める

 

決まったら後は実行するだけです。笑

 

基礎代謝を計算する

まずは基礎代謝を計算します。

基礎代謝とは1日に特に何もせず普通に生きているだけで消費されるカロリーです。

ですので、このカロリー以下に摂取を抑えることができれば自ずと痩せるということなので非常に大切な数字なんですね。

 

基礎代謝はそれぞれの体重に応じて決まります。

私は大体1,400kcal前後位です。

 

計算方法は以下ですので参考にしてみてください。

okmbrog.hatenablog.com

 

まずこの基本の数値がわからないと話にならないので、絶対に抑えてください。

 

PFCバランスを抑える

続いてPFCバランスです。

PFCバランスは

P タンパク質

F 脂質

C 炭水化物

をどれくらいのバランスで摂取すれば良いのか?と言うことです。

 

どういった体系を目指したいか筋肉をつけたいのか、などでもバランスは変わってきます。

以下の記事で詳しく解説してるのでよかったら読んでみてください!

okmbrog.hatenablog.com

 

 

PFCバランスも基礎代謝と同じくらい大切なので抑えておくようにしてください。

 

各タイミング毎の大まかな摂取カロリー目安を決める

そして、基礎代謝とPFCバランスをもとにどのタイミングでどれくらいのカロリーを摂るのかという目安を決めていきます。

 

例えなおかめで言えば大体1,400kcalを目安にしつつ

タンパク質で560kcal

脂質で140kcal

炭水化物で700kcal

みたいなバランスを目指しています。

 

それを6食に落とし込んでメニューをなんとなく決めています。

 

1日6食ダイエットのポイント2つ

1日6食ダイエットをうまく続けていくためのポイントをご紹介していきます。

3食以外は間食として簡単に摂取できるものを食べる

摂取回数を増やすことによるデメリットが、調理の手間です。

もし1日を6食にした場合、全部をしっかりとした食事にするのは難しいです。。

 

そのため、3食以外の食事については、簡単に摂取できる「間食」を選ぶと便利です。間食には、高たんぱく・低糖質・低脂質である食品を選ぶのが良いです。

 

私のお勧めは言うまでもなくプロテインですが、他にも高タンパク低カロリーの食品はあるのでそういったものを取っていくと良いと思います。

 

食事については色々当ブログで解説していますので是非読んで見てくださいね!


食事を摂るタイミングによって食事メニューや量を調整する

食事における摂取カロリーをすべて均等にするのもいいですが、タイミングと摂取内容を考慮するとさらに効率がよくなります。

 たとえば筋トレなど運動前のタイミングの食事では、運動中のエネルギー切れを防ぐためにしっかりと食事を摂る。あるいは、就寝前はカラダを動かすことがないので、糖質を摂らずにたんぱく質のみを摂取するなど。食事のタイミングによって、量や内容を変化させてメリハリをつけていくと効率的です。

 

まとめ

今回は食事回数を増やして痩せるという1日6食ダイエットについてご紹介しました。

食事回数を増やすと一般的には摂取カロリーが増えるので太るんじゃないの?と思われがちですが、実際はそんなことはなくてうまくカロリーコントロールさえできればむしろ逆で非常に効率的なダイエットにつながります。

 

ですのでもし今行っているダイエットに行き詰まりを感じている人や、なかなかダイエットが続かなくて悩んでいる人がいたら是非試してみてくださいね。

 

今回の記事が皆様のお役に立てば嬉しいです。

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!

PVアクセスランキング にほんブログ村